長崎の草木染めSHOP

暮らしの作務衣

24,000円(税込25,920円)

サイズ
カラー
購入数

【結局辿り着く。】




最近ちらほら、普段着としてもきている人も多い作務衣。
だってほら、着てみたら、落ち着くのなんの。



作務衣って?


元々作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行うときに着る衣のこと。
僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など寺院を維持するための労働を行う時に着用する作業着です。



「身体を締め付けず着用しやすい!」
ということで、普段着として着用する愛好者も。

▼あの、袈裟エプロンとも、相性抜群です♪







↑袖口にゴムを通してより作業着らしくも。
※袖のゴム入をご希望の場合は、備考欄にてお知らせ下さいませ。



●カラー●


●サイズ●
サイズ着丈身幅
女性M716039
女性L756741
男性M796443.5
男性L856845

※全て手作業で行っております。
若干の誤差がある場合がございますのでご了承ください。

●素材:綿麻
●染色:いすといすと
●縫製:いすといすと


※こちらの商品は、1点までゆうパケットで発送が可能です。

レビューはありません。